目の下にできてしまったクマは脂肪を定着させて解消

金髪の女性

美容外科のレーザー治療

2人の女の人

疲れた印象を与える原因

目は、顔の印象を決める重要なパーツです。また、年齢や疲れが出やすいパーツでもあります。化粧品分野ではアイクリームが販売されており、目の下のたるみやクマを気にする女性の注目を集めています。しかし、目の下のクマには原因がいくつかあり、自分のタイプを見極めた上で対処することが効果的です。クマの種類は色で大きく分類され、黒・青・赤・茶が挙げられます。黒は目の下のたるみが原因でできてしまう影が、クマのように見えてしまうものです。青は血行不良が原因であり、疲れているときに現れることがあります。赤は青クマよりも程度がやや軽いものです。最後に、茶は色素が沈着している状態であり、紫外線ダメージやメイクの影響が挙げられます。青や赤色のクマは血行不良が原因ですので、基本的には体を休ませること、目を温めて疲れを取ることが大切です。一方で、原因が異なる黒や茶色のクマはどうしたら良いのでしょうか。

レーザー治療と光治療

黒色のものは目の下のたるみが原因ですので、基本的には日々の保湿が大切になります。化粧品では保湿効果が高いセラミドを含み、+αでコラーゲンの生成を促すセラミドやビタミンC誘導体などが効果的です。茶色のものは、色素が沈着してしまっているので厄介です。美白効果のある化粧品によるケアとなりますが、やはり即効性を求めるのであれば美容外科クリニックです。色素沈着に対するポピュラーな治療方法は、レーザー治療や光治療です。2つの治療法は、メラニンの排出促進や生成を抑制する点では同じです。では何が違うかというと、レーザー治療はポイント的に集中して照射するのに対し、光治療は顔全体に照射するという点です。レーザー治療はパワーが高く即効性がありますが、肌への刺激が強いというデメリットがあります。光治療は肌への刺激が少ないですが、治療は数回通わなければなりません。また、シワやくすみなどあらゆる肌の悩みにも効果を発揮するというメリットがあります。ひと言にレーザー治療・光治療と言っても、クリニックによっても様々です。医師と相談の上、きちんと治療法を理解して選択することが大切です。