目の下にできてしまったクマは脂肪を定着させて解消

ほっぺを触る人

明るい印象に変えられる

整形治療

年齢とともに消えなくなる

寝不足の時に目の下によくクマができるのは、睡眠を十分に取れなかったことによって目の下の皮膚の血行が悪くなるためと考えられています。年代の若いうちは睡眠不足を解消すれば目の下のクマもほとんど自然に治ります。ところが年代が上がってくるにつれて、目の下のクマがだんだん消えにくくなってきます。これは、目の下の皮膚の代謝がほかの部分と同様に鈍化してくることが原因とされています。目の下の皮膚はほかの部分の皮膚ほどの厚さがないために、代謝の低下によってくすんでクマができやすいのです。これまではそうしたクマをコンシーラーなどの化粧品でカバーする女性が大半でした。しかし、クマは美容クリニックで治療できるという情報が女性誌などにも紹介されているので、今後はクリニックでの治療を選択するのが一般的になっていくでしょう。

脂肪を定着させて解消

美容クリニックに行くと、まず医師がカウンセリングをして患部の状態を診断してくれます。目の下のクマを何年もの間気にしてきたという女性も多いですが、美容クリニックに行けば目の下のクマの治療には最短で15分程度しかかかりません。このように簡単に治療できるようになっているので、コンシーラー等を使って時間をかけて隠す努力はもう必要ないのです。美容クリニックでのクマ治療の方法はいくつかあり、クリニックによっても多少違いがあります。最近多く行われているのは患者の脂肪を利用して目の下に注入するという方法です。この治療法は改良が進んだため、脂肪の定着率がよくなり効果的にクマを解消することができるようになりました。

人間は誰もが年を取ると体の様々な部位に老化現象が起こります。膝や腰などの関節が痛くなったり、耳や目の機能が低下するなど人によって様々ですが、女性にとって一番厄介や老化現象が目の下のたるみやクマ、シミなどです。関節の痛みや機能低下は目には見えないのですが、顔のたるみなどが起こると老化しているという現実を目の当たりにしてしまうため、女性としての自信を失ってしまいます。老化現象が起こる主な原因が老化による新陳代謝の低下だと言われているため、血行を良くするだけでもクマやたるみなどが改善される場合があります。しかし、このような対策方法では効果を実感できるまでに長い時間がかかってしまいますし、その間に老化も進んでしまいます。そこで、美しい顔をいつまでも維持したいのならホルモン補充療法を試してみましょう。

ホルモン補充療法はその名の通りホルモンを体内に注入することでエイジングケアをするというものです。実は、新陳代謝の低下だけではなく、女性ホルモンの低下によっても顔のたるみやシワが発生するため、ホルモン補充療法によって直接女性ホルモンの量を増やせば、自ずと気になる症状も軽減されていきます。ホルモン補充療法は美容整形の一種でもあるので美容外科などで受診することが出来るのですが、安全に施術を受けたいのなら病院選びは慎重に行なうべきです。ホルモン検査を受けることができ、治療中や治療後のサポートが充実している病院であれば安心して通うことができるでしょう。

顔が疲れて見えるわけ

笑顔の女性

目の下のクマには種類があります。青いものは血行不良が原因です。生活を見直すことで改善が期待出来ます。加齢や紫外線のダメージで黒クマや茶クマが出来ます。美容系の医院でそれぞれの症状に応じた治療法が行われています。

View Detail

美容外科のレーザー治療

2人の女の人

疲れた印象を与える目の下のクマは、たるみや血行不良、色素沈着が原因となっています。それぞれの原因を見極めた上で、対策を取る必要があります。自宅で化粧品を使ったケアや、即効性を求めるのであれば美容外科クリニックの治療が良いでしょう。

View Detail

メイクで上手に隠すコツ

美容治療中

目の下のクマは、いつものリキッドファンデーションとコンシーラーの使い方を少し変えるだけで、目立たなく透明感のある仕上がりになります。手で伸ばした後スポンジでなじませ、もう一度リキッドファンデを置いて筆で叩くだけで、綺麗に仕上がります。

View Detail